So-net無料ブログ作成

自宅でできる便秘解消法 [食事療法]

スポンサードリンク




便秘で悩んでいる女性の方は多いと思います。

便秘解消には何がいいか、どうすればいいか。


便秘解消に良い食べ物は?


便秘は腸の働きが低下して便が硬くなって起こるのです。

そのため腸の働きを良くして、便が柔らかくなるものを食べると便秘は改善すると思われます。

一般的に便秘解消には食物繊維、乳酸菌が良いとされます。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の二つがあります。

水溶性食物繊維は、便が固くなるのを防いでくれたり、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。

水溶性食物繊維を多く含む食べ物
バナナやリンゴなどの果物類。
椎茸やエノキダケなどのきのこ類。
昆布やワカメなどの海藻類。


不溶性食物繊維は、腸壁を刺激し便を排泄する動きを助け、有害物質を体外に排出させる作用があります。

不溶性食物繊維を多く含む食べ物
大豆やあずき、いんげん豆などの豆類。
ブロッコリーやごぼうなどの野菜類。
サト芋やさつまいもなどのいも類。

イモ類や豆類を食べているのに便秘が解消されないという方は、水溶性食物繊維の物もバランスよく食べてみると良いかもしれません。


乳酸菌も「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の二つがあります。

動物性乳酸菌は主に乳製品に含まれる乳酸菌でヨーグルトやチーズなど。

植物性乳酸菌は主に発酵食品に含まれる乳酸菌でキムチ、味噌、ぬか漬けなど。


便秘解消に悪い食べ物は?

タンニンを含むもので、柿や赤ワイン、コーヒー、緑茶などに含まれています。
少量であれば問題はないですが、食べ過ぎや飲み過ぎると便を堅くすることがあります。

チョコレートやケーキなどの糖分が多い物は便秘を悪化させます。
糖分を過剰に摂取すると、胃腸の働きが悪くなって排便がうまくされなくなります。

アイスクリームなどは、胃腸を冷やして機能を低下させ排便がされにくくなります。



便秘解消に何をすればいいか?

規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動。

これは便秘に限らず、基本的な事です。

あとは水分を多くとる事、便意があると我慢せずすぐにトイレに行く事。
また、便意がなくても時間を決めてトイレに行く事で排便のリズムを作り自然に便意が起きやすくなります。




スポンサードリンク




共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。