So-net無料ブログ作成

花粉症対は鼻マスク、ゴーグルなどのグッズでのりきる [病気予防]

スポンサードリンク




また花粉症の季節到来。
suginohana.jpg
日本人の4人に1人が花粉症と言われる今や国民病。

様々な症状があるが、一般的に多いのが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。

他にも

耳の奥のかゆみ

頭痛、集中力低下

目のかゆみ、充血

口の渇き、味覚の低下

吐き気や下痢

皮膚の湿疹、乾燥

いろんな症状があって、とてもつらいですよね。


花粉症もアレルギー反応で免疫反応の一つです。


花粉などのアレルゲンと言う抗原が体の中に入ってくる。

すると免疫細胞がIgE抗体を作り、マスト細胞に付着する。

再びアレルゲンが体の中に入るとIgE抗体に付着する。

マスト細胞がヒスタミンなどの化学物質をだし防衛反応を引き起こしくしゃみや、鼻水などが出る。


アレルギーは先進国に多く日本人の半数は何らかのアレルギーを持っているらしい。

また都会の子供の方が田舎の子に比べ倍以上の発症率だそうだ。

あまりにもきれいに、清潔になり過ぎて、免疫力が低下しているからだという。

昔は泥んこになって、怪我をしても、少々の黴菌が入っても、舐めとけば治ると放っておいたものだ。



花粉症対策

1日で花粉のピークは、12時~14時と17時~19時の2度あるそうです。
この時間帯に外出しなくてはならないときは、

メガネをかける

マスクをつける。

今は花粉症対策グッズとして

花粉症専用のゴーグル、鼻マスクなども多くあります。


マスクは頬との隙間がなくなるようにしないと効果が少ないので、今は鼻の穴に直接入れる鼻マスクと言うのがいいみたいです。

また症状が出やすいのは朝方と、就寝前のリラックスしているときのようです。


家の中では人の往来が多い玄関やリビングが花粉が集まりやすいので、こまめな掃除と、加湿機能のある空気清浄器を置くのがいいようです。
0-14.jpg
換気する場合は花粉が少ない早朝や、夜間に行うのが良いでしょう。

花粉症対策で食べるといい食べ物っての記事へ

-------------------------------------------------------------------------------------------

花粉症でお悩みの方必見!花粉症改善プログラム「花粉バスター」 【公式サイト】

■ 大人のアトピー(花粉症)は塩素と油を断ち腸内環境で治す!7つのステップ






スポンサードリンク




共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。