So-net無料ブログ作成

認知症早期発見のすすめ [病気予防]

スポンサードリンク




認知症 早期発見のすすめ

現在85歳以上の約4人に一人は認知症であるといわれていて、その割合は年齢が高くなるにつれて増加しています。

認知症は高齢化社会を迎え、誰もが発症する可能性のある身近な病気です。

もし家族の誰かが認知症になったら、どのように向き合い対応していけばいいのでしょうか。


まずは認知症を正しく理解する必要があります。


年を取ると誰でも物忘れしたり、ついさっきしたことを忘れたり、新しいことが覚えられなくなります。

加齢によるものである程度は仕方ないもので、物忘れは誰にでも起こる老化現象の一つです。
0-93.jpg


単なる物忘れと、認知症は、家族では判断がつきにくいものです。

では物忘れと認知症はどこが違うのだろうか。

物忘れの特徴は、体験の一部を忘れていることで、体験した記憶自体は残っているのでヒントがあれば思い出せるものです。

しかし認知症の場合は体験したこと自体を忘れていたり、少し前のことや今聞いたことを忘れています。

認知症は正常だった脳の働きが徐々に低下していく病気で、単なる物忘れとは区別する必要があります。

症状も軽いものから重いものまで様々です。

日常生活で、本人や家族に支障が出てくることが増えて来たら認知症の可能性を考えましょう。

早期発見。早期治療が大切

症状が軽いうちに認知症であることに気が付き、適切な治療を受ければ、薬などで進行を遅らせたり、症状を軽くすることができる可能性があるのです。

その後の日常生活も大きく変わってきます。

自分自身や、家族など周りの人がもしかして認知症では?と思われる症状に気づいたら、一人で悩まずに専門家などに相談しましょう。


家族がつくった 「認知症」早期発見のめやす

いくつか思い当たることがあれば、専門家に相談しましょう。

●もの忘れがひどい

□ 今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる

□ 同じことを何度も言う・問う・する

□ しまい忘れ置き忘れが増え、いつも探し物をしている

□ 財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う

●判断・理解力が衰える

□ 料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった

□ 新しいことが覚えられない

□ 話のつじつまが合わない

□ テレビ番組の内容が理解できなくなった

●時間・場所がわからない

□ 約束の日時や場所を間違えるようになった

□ 慣れた道でも迷うことがある

●人柄が変わる

□ 些細なことで怒りっぽくなった

□ 周りへの気づかいがなくなり頑固になった

□ 自分の失敗を人のせいにする

□ 「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた

●不安感が強い

□ ひとりになると怖がったり寂しがったりする

□ 外出時、持ち物を何度も確かめる

□ 「頭が変になった」と本人が訴える

●意欲がなくなる

□ 下着を替えず、身だしなみを構わなくなった

□ 趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった

□ ふさぎ込んで何をするのも億劫がりいやがる

 出典:公益社団法人認知症の人と家族の会(http://www.alzheimer.or.jp


認知症に関連する過去の記事
認知症予防の脳トレは実は効果がない!?
認知症の予防方法!出来ることからやってみる。
認知症の予防、改善、ケアプログラム


スポンサードリンク



タグ:認知症

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。