So-net無料ブログ作成
検索選択

腰痛を自宅で自分で治す方法 [自宅療法]

スポンサードリンク




現在腰痛に悩まされている50代、60代の方はたくさんいます。

多くの人は体を後ろに反らすと痛みを感じる脊柱管狭窄症などの症状です。

今まではこのような症状には体を丸める体操がいいとされていました。

しかし体を丸めるだけでなく、反らして治すというやり方を取り入れている先生がいます。

酒井クリニックの酒井慎太郎先生です。

酒井慎太郎先生とは

著書として「脊柱管狭窄症は自分で治せる!」がベストセラーになっています。

「神の手を持つ治療家」とも言われていて、新規で酒井先生の1対1の治療を受けるには16年待ちという人気ぶりです。

部分的に酒井先生が入るコースであれば1年待ちの状態である。



今までは体を後ろに反らすと痛む脊柱管狭窄症などの症状と、前かがみになると痛む椎間板ヘルニアこの二つのどちらに当てはまるかで、治療が行われていました。

しかし治療していても効果がなく手術をしても痛みを繰り返すなどそういった方がたくさんいました。

これは二つの症状が混ざりあって起こることが解ってきています。

体を後ろに反らすと痛みを感じる人の多くが、昔は前かがみになると痛みを感じていた方が多くいます。

これは年数がたち二つの症状が組み合わさってしまった状態になっています。

そのため今までのように一つの症状の治療を行っても完治しないのです。



日本人は前かがみの姿勢で生活する習慣がついていました。

農耕民族で椅子ではなく畳での生活、お辞儀などの習慣など前かがみの文化が今も残っており、諸外国に比べ腰痛で悩んでいる方が多く、国民病ともいわれています。


なので身体を丸めて反らすストレッチが必要であるといいます。


では「酒井式腰痛ストレッチ」とはどういったものか?

まず1番のおすすめが「仙腸関節ストレッチ」です。

このストレッチはほぼすべての腰痛を治す効果があるといいます。

仙腸関節は正常な状態でも可動域が狭いので放っておくと動かなくなりやすいそうです。


「神の手」が教える、腰痛を自宅で自分で治す方法

必要なものはテニスボール2個

1.仙腸関節の「目印」尾骨を確認する。

   お尻の割れ目の上にある、ボコッと出っ張た部分が尾骨で、そこに握りこぶしを当てる。

2.テニスボールをこぶしの上にセットする。

   テープなどで固定した2個のテニスボールを、左右均等になるように乗せる。

3.仰向けに寝転がり姿勢をキープする。

   こぶしを外し、ボールの位置がずれないように仰向けに寝る。
   その状態を1~3分間保つ。
仙腸関節ストレッチ.jpg


これを毎日続けるだけで凝り固まっている仙腸関節を刺激し、腰痛が改善されていきます。



また、仙腸関節ストレッチの効果を補強する、二つの腰痛症状別のストレッチと言うのがあります。


「オットセイ体操」前かがみになると痛みが起こる場合。

まずうつ伏せになります。
両手を顔の横にくるようにして床につけ脇をしめる。
ゆっくり息を吐きながら上体を起こす。
その体勢を1~3分間キープする。


「ネコ体操」体を後ろに反らせると痛みが起こる場合。

まずは正座をします。
ゆっくりと両腕を伸ばしながら上体を前に倒す。
その体勢を1~3分間キープする。


これらの体操を毎日継続して行えば3週間以内には効果が期待できるといいます。


最初は苦しく感じるかもしれませんが決して無理はせずに肩の力を抜いて続けましょう。

もう治らないと諦めていた人も簡単にすぐにできるので一度お試しになってみてはいかかですか。


関連記事ページもどうぞ
辛い坐骨神経痛を自宅で改善する方法の記事

自宅でできる腰痛改善ストレッチ法の記事





スポンサードリンク




共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。