So-net無料ブログ作成
病院の常識 ブログトップ
前の1件 | -

いい医者とダメ医者を見極める方法は [病院の常識]

肩書があればいい医者と言えるのだろうか?

大切なのは臨床医としての医療実績と人柄

大学病院の教授に診てもらえる。それだけで安心する患者さんは多いと思います。

やっぱり教授となると偉いんだから。

でも現実は忙しくほとんど見てもらえないとがっかりするケースも少なくないようです。

大学病院では、患者さんを熱心に見る医者よりも、研究や論文発表に熱心な医者の方が評価されます。

聞いた話では「大学病院は研究機関で臨床は2次的なものだと言い切る医者も多くいる」と言う事です。

もちろんそういう人ばかりではなく、大学病院にも患者さんとのコミュニケーションに力を入れているお医者さんもいます。

しかし、どんなに患者さんに好かれようとも、大学病院では論文をたくさん書かなくては出世はできません。

つまり肩書がつかないのです。

しかし、肩書のある医者が患者さんにとっていい医者とは限りません。

むしろ肩書がなくても、患者さんの話を熱心に聞いて、納得するまで説明してくれる医者の方がいい医者と言えます。

それでも、人柄などどうでもいいから、とにかく腕のいい医者に手術を頼みたいと思う人もいるでしょう。

特に難しい病気の手術になるとテレビドラマの財前教授みたいな人を探したくなるでしょう。

では、大学病院の教授なら腕は一流なのだろうか?

これも一概にはそうとは言えないようです。

極端な話、論文さえ書いていれば、手術が下手でも教授にはなれるようです。

研究、論文書き、学会にと忙しい教授よりも、一般病棟の外科医の方が経験豊富で、腕がいい場合もあります。

現場で腕を発揮するのは、案外肩書きを持たない医者だったりするものです。

臨床技術に自信のない医者ほど、肩書をひけらかしたり、過去の肩書にしがみついたりするものです。

開業医や、一般病院の医者でも、過去の肩書を遠回しにでも自慢するような医者は要注意です。

臨床医としての自信があれば、肩書などに頼る必要などありません。

患者さんとしては、医者がどの医学部を出て、どんな医療をやってきたのか、知りたい部分もあるだろうが、臨床医としての本当の技量は肩書だけではわかりません。

肩書だけに惑わされないようにしましょう。



タグ:いい医者

共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | - 病院の常識 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。